このようなメールを取引先から多数頂いております。

在宅勤務です。
経済はまわっていくのでしょうか?
今のところ大丈夫のようです。
自宅から対応してくれます。
担当に
支障はないのか?
聞きますと
問題ない。
確かに会社でないとできない仕事があります。その時だけ行く。(週1回ぐらいは)
コロナショックが治った後もテレワークは継続して欲しいと・・・
との返事が返ってきました。

こちらのデータをご覧ください。
MIKI  オフィスリポート2020を引用

全国主要ビジネスエリアにおいてオフィスの空室率が極端に低いわけです。
参考に
住宅不足と言われた1963年時点の住宅空き家率は2.5%です。(総務省「住宅・土地統計調査」より)

リーマン後
オフィス平均空室率は下がり続けております

逆に
賃料は上昇傾向にあります

しかし会社に行って仕事をするという合理性は日々薄れてきております。
企業はテレワークにより通勤、賃料コスト下がり合理化できます。
従業員も時間の有効利用ができます。
地殻変動が起こっております。
となると
賃貸オフィスの需給バランスが崩壊する可能性があります。

オフィスビルの賃料相場には目が離せません。

たぶん下落します。

おまけですが

こんなんもあります。
オンライン商談システム

この会社儲かってます。

https://bell-face.com/function/

テレ営業をされてある商材を私は契約しました。
直接営業とほとんど変わりませんでした。