不動産広告のセールストークには物件を見極めるヒントが隠されています。
◯環境良好
→この物件は駅から遠いかも・・・

◯広々としている
→築年数が古い場合よく用いられる。広さは人それぞれ主観によるところが大い。

◯大変綺麗にお使いです。
リフォームしてません。現状渡しです。

◯3駅5沿線を徒歩利用可能
中途半端な立地に建てた。

地球に優しいオール電化住宅
こちらは死語
福島原発事故以降使われなくなりました。

セールストークを観察していると物件の本質が見えてくる。
不動産業者がどのような手口が見えてきます。
不動産業者は甘い言葉を囁きながらあなたにすり寄って来ます。
あなたが女性を口説くように・・・
ほぼ例外はありません。
ちなみに私は不動産業者です。
たがら説得力あります。
光と影がかあるように
言葉には表と裏があります。
本質を見抜きましょう。