またに弊社の顧客様のより共同仲介人として入ってほしいと物件を持って来られる場合があります。

なぜわざわざ?

共同仲介と単独仲介どちらがいいのか?

単独仲介
売主   仲介A  物件         買主

共同仲介
売主   仲介A  物件  仲介B        買主

まず前提として
不動産仲介業者の本質
情報と知識、ノウハウを蓄え出し惜しみすることによって利益を得ている集団である。

不動産業者が自分の味方になってもらっているという幻想は抱かないほうがいい。
逆に不動産業者はカモを探していると考えた方が良いかもしれません。

在庫状況、販売動向、融資情勢の動向に精通して
買い手、売り手を説得させる方法を熟知しています。

インセンティブを理解するこのにより不動産仲介業者の合理的な行動を理解することができます。

仮に
5000万(相場価格)で販売されている不動産
5000万円の家を売って取れる手数料は150万
4500万で売れたとして取れる手数料は
135万円

4500万で購入希望者が現れた場合売主を説得して値下げさせた方がインセンティブは多いのです。
なぜなら
販売価格差は500万円 売主の損失
手数料差額は15万  仲介業者の損失
15万円ぐらいの手取りが減るようであればさっさと案件を現金化してしまって次の案件へ行く方が効率がいいわけです。
逆に
もしこれが仲介業者が自ら保有し販売するのであれば、あくまでも時間をかけて相場の価格で販売しようとするインセンティブが働きます。

もし5300万で購入希望者が現れた場合、5000万円で買い取り5300万円で買取購入希望者に直接販売した方が手取りは多くなります。
(取得費用は考慮しないこととする)

繰り返しになりますが
不動産仲介業者の本質は
在庫状況、販売動向、融資情勢の動向を
熟知して無知な買い手、売り手を待ち構えています。

昨今インターネットの発達により上記情報は専門家ではなくても比較的安易に入手できることが可能になりました。
売り手と買い手の価格認識が劇的に縮小しました。
しかしながら100%なのかといえばかなそうではありません。

売主、買主は契約時、もしくは決済時、に初めて対面するというのが一般的です。
それまでは仲介業者を介して話を進めることになります。

単独仲介の場合は売主の理人はAでありなおかつ買主の代理人もAになるということです。
売主買主間の意思疎通がA さんによってのみ行われる。

ここで問題になるのは売主と買主の利害関係は対立するのです。
つまり A さんに有利なように情報が捻じ曲げられるリスクもあるということを念頭において取引をすべきである。

共同仲介の場合は
売主の代理人A
買主の代理人B
それぞれの代理人として利益を優先しますのでそういう意味では安心した取引ができるます。

結論としてはこのような事情があるからなのです。

*ローン付をお願いされて仲介をお願いしてくる投資家さんもいます。

不動産の取引は金額が大きいので取引の際は様々な力学が働きます。

もちろん物件のクオリティが大事というのは言うまでもありません。

おまけ

ほかの業種を参考にしてください。
訴訟裁判の場合     原告、被告 それぞれ弁護士が代理人
プロ野球代理人交渉   それぞれが代理人
M&A仲介        単独仲介 利益率が50%前後です。(下記参照)

日本M&AセンターIR資料参照