投資家の皆さんは物件をどのように見つけてますか?

不動産を購入する場合は皆さんは不動産屋を介して購入することになります。
つまり掘り出し物件があればあなたに紹介する前に不動産業者が自らが買う。
自分が買わない物件を楽待や健美屋に掲載しますのでポータルサイトは売れ残り物件、レインズ掲載物件もしかりです。
という意見は的を得ています。

 

となると一般の不動産投資家様(非宅建業者)
は宅建業者よりも圧倒的に不利ではないてしょうか?

 

弊社に相談に来る投資家様も未公開の掘り出し物件ありませんか?という訪ねてくる投資家様を、多数見ました。
大変危険です。
これを逆手に取り未公開物件と言い、知識のない投資家が被害を受ける場合が多々あります。
未公開物件は物件情報及び価格帯が外部に漏れていないのでいろんな意味で販売会社側の都合で有利なように操作することができるということを肝に命じてください。
弊社でも販売する物件で極端に問合せが多かったり申込が重なった場合はできるだけお得意様もしくに買ってもらいます。
つまり長期的なお付き合いをしている方を優先します。
新規の方に販売することは基本ありません。
つまり<これは未公開物件です。あなただけにご紹介できるマル秘物件>などとアプローチしてくる不動産屋さんはます疑ってかかる方がいいです。

 

わたしの友人で不動産転売業者の社長が得意先の仕入れ業者から付き合いで 物件を 無理やり買わされたと嘆いてました。
次はいい物件を紹介するからという口約束を条件に・・・
物件の概要書を見たのですがかなり厳しいもので赤字確定です。
物件の仕入はトータルで考えなくてはいけません。(トータルでは黒字のようです)
こちらは転売業者なのですがこうなると会社の命運を他社に依存することになるわけです。
川上物件を手にいれるためにはこのようなリスクも存在するということを肝に命じてください。

イイトコ取りはなかなかできないということです。

 

ちなみに弊社では保有物件はレインズ経由で購入した物件もありますがそこそこ高利回りで回ってます。
レインズにて取引をする場合はシガラミがないのていろんな意味で売主に対して要求を遠慮なくすることができます。
物件を調べあげた後瑕疵担保をはずして取引すれば割と指値は通り気持ちよく取引していただく場合もあります。
確かに楽待、健美屋、レインズからの物件情報は未公開物件と比較しますと人目に曝されやすくなるのでライバルが増え競争率も上がります。
しかしお宝は眠っています。

 

株式投資を考えて下さい。(長期投資)
プロの投資家もそうでない投資家も情報量は同じです。(調べ方には差ありますが)
会社四季報や決算短信などから投資判断をするわけです。
未公開情報はインサイダー取引になる恐れごあります。
そのなかで大きくもうける方も損する人もいます。

出回っている情報ではあるが世間その価値に気づいてない場合が往々にして存在します。

考え方としては世間(相場)はそれほど賢くない、ですので日々努力して勉強して世間より賢くなる。

 

長期投資の神様ウォーレン·バフェットは、
ある金融商品に投資するときは、その商品について論文が書けるくらい勉強してから買ぅべきだといっています。

 

不動産の研究、それは本を詠むこともいいですし格安の築古戸建を買って経験するのもいいかもしれませんね。
築古戸建の再生に成功すればその過程で習得したノウハウは大型物件にも応用が聞きます。
間違ってもいきなり新築には手を出さないで下さいね。