概要

現在ベトナムの人口は今も増加を続けておりまもなく1億人を突破します
経済の方も1986年の開放政策以降経済成長率は順調です。
しかしながら人件費はまだまだ安く平均賃金は月収2.4万円でありこれが海外からの投資を呼び込む呼水になっております。
日本の高度成長期1970年頃に非常に酷似しております
ここから推察できることなのですがこれと同時に不動産価格も上昇するのではないかということで海外の投資家はベトナムの不動産を虎視眈々と狙っております

 

ベトナム経済成長率の推移
ベトナム経済成長率の推移

 

アジア総人口の予測
アジア総人口の予測

 

 

ホーチミン市

特にベトナムのホーチミンこちらの方が注目されております
不動産価格が上がる要因として考えられるのは
人口 経済 地勢
これらの要素に大きく影響されることになります
人口が増えれば住宅需要も増えますがこれというのは所得が増えなければ住宅の購買力は上がりません。
その他重要な要因としまして地勢というのがあります
理想的な地勢としましては広い平野部とその周辺に人口の多い衛星土地これがあれば不動産価格は上昇しやすいと言われております
少なくともベトナムのホーチミン市はこのような条件を兼ね備えてると言われておりまして将来有望地域になります。
最終的にホーチミンては1700万人規模まで人口が集中するのではないかと言われておりまして700万人分の住宅需要が新たにすると言われておりまして供給が現在では追いつかない状態になります